HOME > IT系の検定・資格

IT系の検定・資格

ITパスポートや基本情報技術者、応用情報技術者、データベーススペシャリスト試験など様々なIT系の検定や資格があります。IT系の検定・資格の中には国家資格も複数あり、それぞれの技術の証明として、転職にも大きく影響する、様々なIT系の資格、検定を紹介します。

ITパスポート

情報技術に関する基本的な知識を持っていることを証明できる国家資格。情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報を技術を活用してく人を対象としています。

基本情報技術者試験

情報技術に関して実践的な活用能力を身につけていることを証明できる国家資格。高度なIT人材となるための必要な基本的知識・技能を持っている人を対象としています。

応用情報技術者試験

情報技術に関して高度IT人材としての方向性を確立していることを証明できる国家資格。高度なIT人材となるために必要な応用的知識・技能を持っている人を対象としています。

ネットワークスペシャリスト

ネットワークに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たすと共に、固有技術の専門家として情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行なう者としての能力を証明できる国家資格です。

データベーススペシャリスト

データベースに関する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たすと共に、固有技術の専門家として情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行なう者としての能力を証明できる国家資格です。

情報セキュリティスペシャリスト

情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守において、情報セキュリティポリシーに準拠してセキュリティ機能の実現を支援し、又は情報システム基盤を整備し、情報セキュリティ技術の専門家として情報セキュリティ管理を支援する者としての能力を証明できる国家資格です。

HOME | 乗り物の検定・資格 | 事務・秘書系の検定・資格 | IT系の検定・資格 | 面白い検定・資格